さいがわの雑記帳

思うこと。

壊れて行くだけの世界遺産

 長崎県端島。通称「軍艦島」 


f:id:zenstone001:20170614190739j:image


 

上陸出来るのはホンの少しだけ(。-ω-)

姫路城由来の前橋の長壁様

 現在。ネットで色々な事を調べられる様になりました。

 調べたことを少々まとめてみたいと思います。


f:id:zenstone001:20170618131737j:image

下の写真はロイヤルホテル駐車場より

 

  群馬県庁からみると北西の位置に長壁神社が建っております。

 明治31年に前橋東照宮に合祀されたそうですが、跡宮としてもかなりのパワーを持っておいでの様です。

 この長壁様は1749年に姫路から入場した松平のお殿様が、「姫路の長壁神社の分霊を前橋城三の丸に祀った」と伝えられています。

 

 姫路といえばあの白鷺城ともいわれる「姫路城」で有名ですね。平成の改修も終わり今は白く輝いています。

 そのお城の一番上の階の天守閣に今でも祭られているのが「長壁様」で有ります。

 

 

  姫路での歴史 

 刑部親王藤原百川の讒言によりその地位を追われると、親王の王女であるという富姫も幼い頃より住んでいた姫山の地で薨去国司の角野氏がこの2人を守護神として姫山に祀って以来、代々の国司守護職からの厚い保護と庶民からも厚い尊敬を受けました。

 

 江戸時代の前には姫路城に妖怪が住んでいるということで、あの宮本武蔵が退治に行ったそうです。階段を登るにつれ怪現象が有りましたが刀を抜くそぶりを見せるとそれも無くなり、そのまま朝を迎えたそうです。そして気がつくと目の前に居た長壁様から妖怪を追い払ってくれた御礼として名刀を頂いたとか。

 長壁様も妖怪は恐かった様ですね。

  •  江戸時代のチョット前に、羽柴秀吉公に城下の町外れの播磨総社に降ろされました。
  • 16012年 天守閣に祭られる。池田輝政公の病気の原因と対策として。
  • 1639年 松平忠明公に城下の播磨総社に移されました。
  • 1649年 榊原忠次公に変わると又城内へ。この後二社併存
  • 1704年 榊原政邦公により竪町のお寺にも長壁様が祭られる
  • 1742年 榊原政岑公により竪町の長壁神社で「ゆかた祭り」が開催され現在でも賑わう
  • 1748年 松平明矩公により 長壁神社を正一位に。
  • 1749年 松平朝矩公が前橋城転封に伴い姫路の長壁様の分霊を現在地天神山にお祀りする。
  • 1749年 姫路城へ前橋より酒井公が入城する

 歴史をみると松平氏の時代に姫路城下にも祭られた事が判ります。かといって粗末に扱った訳ではなく、もしかしたら一般の民にもお参りして欲しかったのだと思います。

  それと姫路市で現在開かれている「ゆかた祭り」は、西日本最大のお祭りといわれてます。これも長壁様のお力だと考えられます。

 

  前橋での長壁神社 

 1749年 長壁様が松平のお殿様と前橋にお越しになりました。お社は本丸の南西部(裏鬼門)に置かれました。松平公はお城の外に祭るのが流儀らしい。

 1767年 利根川の流れでお城の土台が流され続けお城に住んで居られなくなり、川越へお殿様は引っ越ししてしまいますが、長壁神社はそのまま残されたそうです。

 その際長壁様がお殿様の夢枕に立ち「川越に一緒に連れて行って欲しい」といわれたそうですが、お殿様は城を守れなかったということで断ったという話も残っています。

 その後前橋は99年間陣屋支配になったそうですが、長壁神社を参拝する人は多かった様です。

  お殿様が居なくなってからの99年間、最後には生糸の輸出で儲けた商人達が協力しお金を出し合いお殿様を呼び戻しますが、長壁様の御利益だとも感じます。

 明治31年1月21日に前橋東照宮に合祀されますが、その後も地元の人からその祠を大切に守られています。

 

 

比翼塚

 二年前くらいに前橋に「長壁神社」が有ることは知っていましたが、今年に入って数度お参りしていたら、神社のすぐソバで仕事の依頼が有りました(^^;)

 これも何かの縁だということで、あれこれ長壁神社について調べてみたら少しの偶然?も発見することが出来て少々驚いてます(^o^) コレは後ほど。

 

 姫路の長壁様を調べていた時のこと「比翼塚」の文字が目に入り調べてみました。

以下wikiより

比翼塚(ひよくづか)は、愛し合って死んだ男女や心中した男女、仲のよかった夫婦を一緒に葬った塚。墓。めおと塚。 悲恋と共に伝わる例が多い。一緒になれなかった二人を死後、一緒に祭ったモノも多く、古事記の時代から江戸時代のものまで各地に残る。」

 と、有りました。

 

 正に今、自分が探している形態の碑・墓でした。

 これも長壁様のお陰だと思います。

 

 いくつかの有名な比翼塚を調べてみたら悲しい話ばかり(>_<)

 特に下記の比翼塚の謂われには涙しました。

http://www.sendaimiyagidc.jp/sight_pps/d_tourist.php?id=0000000334

 

今の時代には当てはめられないとは思いますけど・・・

前橋市の伝説 虎姫観音堂

 

 厩橋城の伝説

 ~あらすじ~
 ある時お殿様が山麓へ狩りに行ったところ、手伝いに来ていた村の娘「お虎」をみそめ、お城に迎えることにしました。
 気立てのよいお虎はお殿様から寵愛を受けますが、今までの奥女中からは嫉妬の目で見られました。
 ある日奥女中たちはご飯茶碗の中に針を入れそれをお虎のせいにすることにしました。
 針を見つけたお殿様は激怒し、お虎を蛇やムカデを入れた大きな甕に入れ利根川の淵(虎が淵)に沈めてしまいました。
 その後、大雨のたびに利根川に城の土台が削られ最後にはお殿様も城を放棄せざるおえませんでした。

 

 お虎さんの霊を慰める為に「虎姫観音堂」を建てて『虎姫観音菩薩』を祀って有るわけですよね?でも何故か?脇侍の様に「弁才天」と反対隣に「白蛇」が祀られております。

 「弁財天」七福神の一人といわれてますが、嫉妬深い神様といわれてます。
 「白蛇」 虎が淵の主だとしても蛇責めに有った方の傍に置くのはどうなんでしょ?

 どういう経緯で置かれるようになったんでしょ(-_-;)
 

 それと以前は亡くなったお虎さんの事を「お虎稲荷大明神」として祀っていたとか。
 稲荷様は拝み始めたら滞る?事なくチャンと祭らないと恐いか・・・
 大丈夫でしょうか?

 

f:id:zenstone001:20170212153458j:image

 

 

 

 

 

 

ありゃ?積もってる(´゚Д゚`)


f:id:zenstone001:20170115204035j:image

↑朝の写真。

三センチ位積もりましたが気温が低く圧雪されたため滑ること滑ること。

スタッドレスの新品を履いた四駆でも全然止まれませんでした(´・_・`)

 

 近くのコンビに行ったのですが約五百メートルの間で二件ほど車の事故が有った様です。


f:id:zenstone001:20170115204056j:image

↑午後二時の写真

一応溶けましたが(今日はセンター試験でしたが問題は解けた?)、夕刻まで雪が飛んできていたので、明日の朝はホントご注意くださいませ。 

寒波

今朝は朝から雪がちらほら。

寒波だとか。

空も雪国の様に雲が掛かっている。

もちろん。寒い。

 

 午前中はPCの修理というかネットの不調の原因解明に追われる。

 まさかまさかのスイッチングハブの故障。

 電気屋さんに聞いたら、365日24時間動いているのだから壊れる事もあるとか・・・

 確かにもうすぐ10年くらい。

 午後新しいのに取り替えたら直りました♪

 ブロードバンドルーターを認識しなくなったので、ルーターの故障かとも思ってました。でも(笑)

 

で、やはりPCは直らなかったので間に合わせ(?)にリユースつまり中古のノートPCを購入しました。値札から一割引で三万円しませんでした。

 今、そのPCからカキコしてます。

 中古で心配なのはバッテリーですが、もし、バッテリー切れに悩まされるようなら新品を買いたいと思います。

 初期不良が無いか?チェックしないとですね。

 

下の写真は昨日のラン記録です。

やはり寒かったです。

 

 

f:id:zenstone001:20170113192629j:image

 

今日が実質的な仕事初め

製品が届かなかったので、御年始と用足し。

ノートPCが壊れたので買わないと。

 

 今晩もランニング。

 

f:id:zenstone001:20170110205143j:image